FC2ブログ

サドルとシューズを巡る道【フィジーク アリオネR3 OPEN&シマノ XC7(SH-XC700) ワイドタイプ】

サイクル用品に関する童心
04 /23 2018
サドルとシューズ、これらは共に自転車と体を接続する最も重要なパーツたちですが、今回はGWを前にして、それらの更新(散財)を行いました。


180421-171216_R.jpg
まずは7年ぶりのサドル交換。
フィジーク アリオネR3 OPENです。

フィジーク初の穴空きサドルにして、久しぶりのホワイトカラーの登場に
、ついつい押さなくてもいいボタンをクリックしてしまいました。


180421-172727_R.jpg
さっそく取り付けます。
R3のほうが、手に取った感じや見た目は一見スリムに見えるのですが、現在使用しているアリオネバーサスと大きさも厚さも変わらず、シートポスト等の調整も不要のままポンつけできました。

その他、ICSにも当然対応しており、ラピッドX3テールランプやサドルバック等も変わらず使用できるので、やはり同一メーカーだと交換しても楽ですね。

でもやはり穴あきサドルの方がデザイン的にもアクセントになってカッコイイです。
バーサスは長いこと使っていても特に不満もありませんでしたがちょっとノッペリした見た目が気になっていました。

ただ、サドルのサイドにアリアンテのようなガードを付けて欲しかったな・・・
立てかけなどで傷がつくことを考えて、せめてバーサスのように丈夫な素材で作ってほしかったものです。

さて、パッドの厚みはバーサスのほうが厚い感じですが、R3にも十分な厚みのパッド量が確保されていると感じられます。
実際乗ってみたらどうなるかな?


180421-133602_R.jpg
加えてもう一つ。
シマノSPDペダル用のサイクリングシューズの上位製品
XC7(SH-XC700)もを購入してしまいました。
金が・・・

そのデザインはなんだかエナメルの靴のようなつやつやの表面ですが、見慣れると次第にかっこよく感じてきます(笑)


180421-133634_R.jpg
そのソールはミシュラン製。
ロゴが所有欲を満足させられます。


180421-133708_R.jpg
 さて、つい昨年にもビブラムソールを採用した、GIROのTerraduroを導入し、中部地方一周サイクリングや、富山-仙台サイクリングなどのロングランでも使ってみましたが、残念ながら私の足には細く、長時間の使用では足の甲の横の部分が痛くてたまらなくなり、だましだまし時に弛めて使用したりしていましたが耐えられず、勿体ないですが使用を断念し大人しくシマノのワイドタイプを使用することにします。


180421-134433_R.jpg
しかし、XC7は流石に高級品だけあってその一足の重量45サイズにしてGIROTerraduroの540グラムに対してクリート込みで380グラム。

さらに、7年前から昨年まで使用してたシマノSH-M087が450グラムですから、手にしてみても当然、足に履いては更に軽快に感じられます。

ただ、幅は同じ45なのですが、XC7のほうがSH-M087より若干広くなっているようです。強く締めないと緩いかも。
余裕が無いよりはいいけれど、もう少し締まり気味のフィッティングでもよかったな・・・

本当に理想のサドルとシューズに出会うのは難しいですね。。。


180422-104300_R.jpg
とりあえず新しい品々の感触を確かめに、まるで夏のような強烈な日差しの下、試走に出かけます。
山を見れば、僧ケ岳の雪絵もクッキリと現れており、いよいよ田んぼの季節がやってきたことを知らせていました。


180422-115007_R.jpg
さて、クリートを合わせながら進むので遅々として前進できませんでしたが、何とか新川広域農道をひた走り、黒部川を越え入善町までやってきました。

ちなみにアリオネR3はバーサスよりもパッドが薄い分、尻に軽い痛みを感じ始めましたが、これはまだ馴染んでいないからが大きいような気がします。ですが、穴空きサドルの効果か、股間の圧迫感はバーサス以上に感じず、体になじめばこれまで以上の快適なサイクリングが楽しめそうです。

また、XC7も何とかクリートの位置も定まり本格的に踏み込んでみましたが、軽さはもちろん、ソールの硬さがペダルをしっかり押さえて絶妙に踏み心地がいい。
また、GIROTerraduroと異なり、シマノのペダルPD600にシマノのシューズですからクリートの位置関係もばっちりで、久しぶりにカチカチと小気味よいビンディングの装着感を堪能することができるようになりました。
やはり同一メーカーで統一が一番無難だな。


180422-115208_R.jpg
標高150m程の明日温泉では温泉の駐車場の枝垂桜がまだ何とか持ちこたえてくれていました。
これで何とか今年も花見ができました。


180422-115517_R.jpg
そして、最近凝っている足湯めぐりへ。
駐車場そばの『ひばり野湯』に浸かっていくことにします。


180422-115622_R.jpg
ふう・・・
今回は貸し切りの足湯。
このお湯は茶色い色がついているのかな?

やや熱めのお湯にですが、気温が高いからかもしれませんね。
足がすっかりほぐれたところで次の目的地へ向かいます。


180422-121314_R.jpg
水が張られ始めた水田。
キラキラと実に美しい。


180422-130545_R.jpg
しばらく下って平野部へ進めば、昨年も訪れた入善フラワーロードが開催されています。
桜は今年は今ひとつ堪能できませんでしたので、満開のチューリップや菜の花で目を楽しませることにします。


180422-123528_R.jpg
色とりどりのチューリップが実に見事です。


180422-125921_R.jpg
歓送迎会をはじめ、世俗の儀式に付き合わされ、体力的はもとより精神的にも疲労するこの季節には、色とりどりの花々の美しさに癒されます。


180422-125758_R.jpg
そして今日はジェラートが旨い。
昨年は寒すぎてとても食べる気にならず閑古鳥な鳴いていた出店も今日は大繁盛でした。


180422-132228_R.jpg
この時期、このあたりの地区では菜の花もあちこちで植えられており、フラワーロード以外の場所でも大きな菜の花畑に出会うことができます。

フラフラ走って、かなり大きな菜の花畑に出合い、黄色い絨毯の光景にしばし心を奪われます。
いい香り・・・


180422-132322_R.jpg
暖かい太陽の下、黄色く輝く一面の花畑と、菜の花の香りに包まれていると時間を忘れてしまいそうになります。
ここは天国なのだろうか・・・(笑)


180422-134839_R.jpg
その後、現世に帰ってきたのち、帰路の途中の黒部宇奈月温泉駅でGWに使用するJRの切符を受け取ってきました。
富山は、新幹線が来たのはいいのですが、在来線がすべて3セク化してしまい、JRの切符を受け取るには富山駅か新高岡駅、黒部宇奈月温泉駅しかないという何とも不便なことになってしまいました。

まあ電車で県外に出ることなんて殆どないから滅多にない手間ではあるんですけれどね。。。

・・・帰宅後。
今日は本当に暑く、半日ほどのサイクリングでしたが日焼けで腕や足が真っ赤になってしまいました。
痛い・・・風呂で腕を洗えない・・・
まあ、これからのサイクリングシーズンに備えて早めに慣れておいたと思っておくか。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

冒頭の「GWを前に」というのが気になりますよね~^^
いよいよ春到来!
今シーズンも楽しみましょう~

※僕もSPDペダル愛用者です(^^)b

Re: タイトルなし

ブルーズマン様
ありがとうございます。

SPDの気軽さは、歩く散策サイクリストとしてはやはり重要です(笑)

GWは、前回の記事の通り北へ向かって走り出します。
上手くすればまだ桜に出会えるかもしれません。ちょっと楽しみですね。
お互い今シーズン気を付けて楽しみましょう!!

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書