FC2ブログ

道の駅色々&宮島峡巡り

富山-石川
06 /04 2018
6月最初の週末。
眩しいほどに晴れ渡った空の下、目的も無いまま、フラフラと気ままなサイクリングに出かけます。


180603-100921_R.jpg
天気も良いので海でも見ようかと
国道415号を氷見市方面へと進んだところ、真新しい道の駅『雨晴』に遭遇しました。
白亜の城がまぶしい・・・

そういえば、GWごろに新聞やニュースで見た気がする。
よくもこんな、崖と海に挟まれた狭隘な空間にオープン出来たものです。


180603-101038_R.jpg
3階建ての建物に登れば、恋人の聖地の鐘や、展望フロアも充実しており、美しい日本の渚百選の一つにも選ばれている雨晴海岸の展望が望めます。

が、今日は天気は良いのですが山は霞んでおり、北アルプスの姿を楽しむことはできませんでした。


180603-101522_R.jpg
思いがけず訪れましたが、取りあえずソフトクリーム。
ミルクと抹茶のミックス。
ご当地感は今一つですが、普通においしい。


180603-112517_R.jpg
その後、415号をさらに走って久しぶりに、石川県羽咋市までやってきました。
相変わらず羽咋に入ってからの風景は素晴らしいな。


180603-120340_R.jpg
昼食時になり、羽咋市内のレストランで補給。
何日か前からカレーが食べたくてしょうがなかった。


180603-114434_R.jpg
老夫婦の経営するこじんまりとしたお店でしたが、カレーは美味い。
黒々とした金沢カレーの見た目も良いし、大盛りカツカレーも一気に平らげてしまいました。


180603-122045_R.jpg
その後、千里浜レストハウスへ。

千里浜なぎさドライブウェイは、多くの観光客や家族連れでにぎわっていました。
平和だなぁ・・・
またここを起点にした能登半島の道のりを走りたいものです。

この砂浜の道、自転車でも走れるようですが、後の掃除を考えるとちょっと自前のロードで行く気にはなれませんね。


180603-121743_R.jpg
そしてここでも折角来たので定番の『はまなすソフト』を食べていきます。
ほのかな花の風味があってあっさりして美味しい。


180603-131101_R.jpg
さあて、そろそろ富山方面へと帰ろうかなとちょっと進んでみれば、なんと大して距離も置かずにもう一つ新しい道の駅がオープンしていました。
道の駅『のと千里浜』
こちらも白く輝く建物が、晴天にまぶしい・・・


180603-124729_R.jpg
この道の駅、食事やお土産も充実しており、おまけになんと足湯コーナーまで併設されていました。
せっかくここまで来たのだから、これは入ってみるしかありません。


180603-125238_R.jpg
ふう・・・
茶色の源泉が特徴的な『大根足の湯』

外は夏のように暑いですが、湯加減もちょうどよく、富山-石川間の峠越えをした足がほぐされます。
足湯はいいね。


180603-130129_R.jpg
そしてここではジェラートをいただきます。
マルガージェラートという、なかなか気合の入った店のようで、先ほどから冷たいものを食べ続けてきましたが、あっさり塩バニラや濃厚なチーズ味を組み合わせて食べると暑さも相まっていくらでも食べられてしまいますね。


180603-132912_R.jpg
その後、471号から帰路へ

宝達山が進行方向に聳えていますが、もう昼もまわったし今日はパスだな。また今度。


180603-141631_R.jpg
そしてもう少し観光をしながら帰ろうと思い、途中県道74号へ針路を変更します。


180603-144112_R.jpg
その後、更に県道206号から、津幡町の名所、『大滝』を目指します。
県道を、人が豆粒のように見えるところまで下って、遊歩道を経てたどり着くようです。

・・・面倒だな。でもせっかく来たしなぁ。
今日はこればっかりです。


180603-145047_R.jpg
大滝まであっさりとたどり着きます。
思ったより小さかったな。

ここも、夏になればそうめんで賑わうようですね。
そんな頃にも訪れてみたいものです。


180603-145915_R.jpg
その後県道に復帰し、大滝橋を越えれば富山県高岡市。

橋を渡って木々の窓の向こうに県境の看板。
この県境へのアプローチはいいな。実に風情がある。


180603-150441_R.jpg
高岡市と小矢部市の境からは、女神たちの銅像があちこちに置かれていました。

とりあえずこれは山渓の像
数えただけで、宮島峡までに7体は見たかな?


180603-151035_R.jpg
この像達、歴史的な像のレプリカなどが、きれいに並べられているのですが、ほんとに何でもない土手の上にチョコンと説明付きで鎮座しており、この山深い道のりの中でなんだか場違いのようにも感じられる不思議な存在です。

でも、これが有ると知らずに夜中に来たら怖いだろうな・・・


180603-152832_R.jpg
そしてさらに進めば、小矢部市の名所、子撫川沿いの『宮島峡』へとやってきます。

まずは竜宮淵と有名な人魚の象ですね。
青い淵と、浅い岩の川底を流れる渓流美がなかなかです。


180603-153540_R.jpg
そして二の滝
こちらは上から見ても、良い滝でした。


180603-154018_R.jpg
さらに一の滝

小さなナイアガラと呼ばれるだけあって、広く美しい滝の流れを堪能しました。
マイナスイオンがいっぱいだな。

傾きかけた日の光を反射して、どこも実に美しい。


180603-155946_R.jpg
そして山間部を抜けて、最後に道の駅メルヘン小矢部へ
国道8号がすぐそばのこの道の駅も実に賑わっています。

今日来た道のりを振り返れば、青々とした緑の山々と、正面には稲葉山の風車が目に入ってきます。
ヒルクライムなども行われる手ごろな低山ですね。今度はあそこを目指してみるのもいいかも。

さて、何の目標もなく、走り出した今日の道のりでしたが
思いがけずに真新しい道の駅を堪能したり、これまで行きそうで行っていなかった名所を訪問したりと、今回もなかなかに充実した楽しいサイクリングでした。
新しい道のりを開拓するのは、走っていても楽しいですね。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは~、
「恋人の聖地」って各地で見かけますよね*^^*
青空にソフトクリームが実に美味しそうです!
新ルート開拓にカレーRideがNice!!
気が合いますね(^^)/

Re: タイトルなし

ブルーズマン様
日本津々浦々、恋人の聖地だらけで、いったい本当にご利益があるのやら分からないですね。
そして一気に暑くなっってきたので、冷たいものや、味の濃いカレーなどががおいしい季節になりました。
脂肪を燃やして、美味しいものをわざわざ遠くまで食べに行くのも自転車ならではで楽しいですよね。

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書