FC2ブログ

『城ヶ平山』へリハビリ登山

その他の山々
01 /20 2019
本日もまずまずの天候に恵まれました。
午前中は雑務に追われていましたが、午後から時間が出来たこともあり、

膝を痛めて以来1カ月ぶりに、軽く山へと行ってみることにします。


190119-135237_R.jpg
上市町の大岩地区にある城ヶ平山へやってきました。
昼もまわり、やや雲が広がってきましたが片道小一時間の低山。

また、秋まではトレランの練習で何度も訪れていた場所であり、調子を確認するのにちょうど良い場所です。

痛めた膝は、自転車は全く問題無く、ランニングもほぼ違和感なく練習が再開できるまでになりましたが、登山ではどうでしょう?
心配しつつ足を踏み入れます。


190119-135500_R.jpg
昨日少し雪が降りましたが、午前の晴天ですっかり溶けたのでしょう。
暖冬のため雪も少なく、登山道は土がくっきりと現れています。

そのため、あちこちぬかるんでいて長靴は泥まみれ。
また滑りやすく、注意が必要です。


190119-150616_R.jpg
秋には枯れていた、湧水でのどを潤します。
動くと暑い・・・


190119-142454_R.jpg
山頂付近まで来てようやく冬山らしくなってきました。


190119-144342_R.jpg
スタートから30分。
無事山頂へ到着です。

流石に山頂は雪で覆われており、城跡ならではの広い山頂が、白く染まった様は実に気持ちの良い光景です。
風もそんなに冷たくないし、やはり今日は暖かいな。

しかし、膝はやはり急なアップダウンでは違和感が有ることを認めざる負えないかな・・・
無理をすると再発しそうな感触です。

これはちゃんと治るのかな?
今後は膝に負担をかけない歩き方を意識しないといけないな。。。
以前は何も気にせず走り回っていられたのに、弱ったものです。


190119-144016_R.jpg
さて、山頂からの景色はまずまず。
モノトーンの山々の先には剱岳。


190119-143534_R.jpg
やや霞がかっていますが、平野部の景色もまずまず。
色調淡い感じの光景が、冬らしい物寂しさを醸し出しています。

晴天の景色もいいけれど、これはこれで風情があります。


190119-145119_R.jpg
さて帰るか。

滑りやすい下りや、急な階段では右膝に気を遣いながら進みます。
でも、あまり意識しすぎるとそれはそれで別の場所や、痛めていない左膝に負担がかかりそう。
難しいもんだ。

さしあたり、次に申し込んである大会までは、まだ1か月はあります
それまでに性懲りもなく足の筋力強化とダイエットに励むことにしましょう。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書