梅雨の合間にタイヤ交換 - 童心週記
FC2ブログ

梅雨の合間にタイヤ交換

メンテナンスに関する童心
07 /21 2019
さて、7月ももう半ばを過ぎました。
海の日もとっくに過ぎたのですが、季節は今だ梅雨模様。

じめじめした空気と蒸し暑さとで何にもする気になりませんね・・・
まとまったアウトドア活動も出来ないし、つまらないことこの上ありません。


190707-121404_R.jpg
そんな中でも7月7日には上市町で行われた、初となる【大岩マラニック12キロ】のプレ大会に参加したりと、細々と活動をしておりました。


190720-172337_R.jpg
そして今週は夏本番前に、各種消耗品を交換してしまいましょう。

まずはタイヤ。
メインのロードバイクCLX2.0用に、定番で使っているミシュランパワーエンデュランスと
サブ&街乗り用のGIANT RX2用のコンチネンタルの定番タイヤ、GP4000SⅡです。
なお、タイヤ交換とかの記録をブログにでも残しておかないと、いつ交換したのかわからなくなってくるんですよね(笑)

・・・CRCの安売りを狙って購入しましたが、2台分購入すると、財布のダメージがでかいでね。


190720-172644_R.jpg
さて、私はここ最近ミシュランばかり使っていて、更にコンチネンタルは初めてです。
触ってみた感じは、両者バンク防止ベルトも装備していて、重さや質感などもよく似た感じです。

ただ、コンチネンタルは車やバイクのような、とてもタイヤのゴムっぽい匂いを感じますね。
メカっぽくていい匂い(笑)
ミシュランはあまり匂いがしないのでなんだか新鮮です。



190720-162218_R.jpg
そして交換予定の2台のタイヤは、すでに2シーズンを経過しかなり劣化が進んでおります。

CLX2.0に装着していた、ミシュランパワーエンデュランスは、スリップサインまでにはまだ余裕がありますが、細かいひび割れだらけ。
すでに中身が見えかかっている部分もあり、GWのロングライドで劣化がさらに進んだような気がします。


190720-162424_R.jpg
そしてRX2に付けていた、PRO4エンデュランスは細かいヒビに加えて、なんだかケーシングがほつれ始めてきた個所もあります。
このタイヤこそ大した距離は走っていないんですが、経年劣化で2年くらいが寿命なのかもしれませんね。

もったいないけど事故など起こさないうちに、交換してしまいましょう。


190720-162320_R.jpg
そしてすっかり薄汚れたバーテープも交換。
最近は安くてデザインもいい、シルバのバーテープがお気に入りです。
ちょくちょく交換するものですからね。


190720-170846_R.jpg
そしてついでにブレーキシューも交換。
BBBのBBS-28HP ウルトラストップへ。

前モデルのBBS-26HPとはパターンが変わっています。
より複雑なパターンとなり、設置面積が減って、水はけや放熱性、タッチは向上しそうですが、その分減りが速そう・・・

でも2シーズン使っても写真の程度ですからね。私の使用では十分だな。


190720-184516_R.jpg
そして前から気になっていた、シマノのロード用SPDの最軽量ペダル、PD-ES600をしばらく使ってみたところ、

クリートに削られて、側面が刃物のようにだんだん鋭くとがってきて、停車の時などでふくらはぎを擦り傷だらけにするため、ヤスリで角を落としました。

こんな事になるのって私だけ?
結構鋭くて痛いんだけど・・・

また、これまで使ってみた感触ですが、正直個人的には前モデルのPD-A600の方が好きかも。

ケージの後ろ部分が無くなった事により、踏み面が小さくなったと感じる上、前後長の差が無く正形に近くなったためか、装着の際裏表が解りにくくなりました。

おまけに足を切られるし(笑)
う~ん、旧タイプに戻す気はしないけど、早く新型が出ないかな。


190720-183435_R.jpg
190720-183653_R.jpg
そんなこんなで完成。
ほんとはチェーンやチューブ類も変えたかったけど、また財布と相談してかな。

軽く周囲を走ってみましたが、コンチネンタルGP4000SⅡは、パワーエンデュランスよりもしっとりしてる感じかな?
もう少し天気が良ければ試し走りがしたいのですが・・・

でもやっぱり実際に目につくタイヤやバーテープなんかを交換すると、走りたい気持ちが沸き起こってきますね!!
今年の夏は少しがっつり走りたいと思っています。
まずは、来週のグランツール南からですね。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書