シナノ トレランポールを装着する - 童心週記
FC2ブログ

シナノ トレランポールを装着する

登山用品に関する童心
09 /17 2019
さて、本州最南端の旅から早2週間。

体力が一時的に底をついたのか、風邪を引いたり、ひどい腰痛になるしで散々な日々を過ごしております。
回復が遅い・・・もう若くないんだな。

さて、とりあえず今年の自転車の旅は前回でひと段落。
秋から冬にかけては、ラン&トレイルランシーズンの始まりです。


190916-230215_R.jpg
そして今年はロングトレイルレースにも挑戦してみようと考えており、ストック可の大会に備えて、トレラン界では有名なシナノのトレッキングポールを準備しました。

噂通り非常に軽く、登山用のストックとは一線を画す代物ですね。
物が違うということが持っただけでわかります。

しかし、その分耐久性は低く登山用の物のように雑に扱うとアッという間に破損してしまうことでしょう。


190916-230257_R.jpg
折り畳み式で非常にコンパクトで、作りも意外なほどに単純。
中のナイロンの紐を引っ張って、爪にかけると使用状態。

こんな紐一本で大丈夫なのかと心配になりますが、内部に複雑な機構が無ければ無いほど、信頼性は高まるということでしょうね。


190914-094513_R.jpg
そして、とりあえず今週末。
試しに登山をしながら使用してみることにします。

場所は21日に『あさひZEROトレイル』トレイルラン大会が開催される、富山県朝日町で親しまれる里山、標高727.1m『南保富士』へ行ってきました。

通過地点でエイドもある、三峯グリーンランドにはすでにコースを示す標識が。


190914-100009_R.jpg
以外に急な道のりを、トレランポールを使い登っていきます。

いい景色。
登っている間も、『あさひZEROトレイル』のために除草作業に勤しむ方々が作業をしておられました。
ありがとうございます。

そして、たかだか標高700mちょっとと甘く見ていましたが、結構な急登が続いた上、自転車方面に振っていた足はいきなりの登山についてこず。
また腰痛が酷く、なかなか苦難の道のりとなりました。
ポールを持ってきてよかった(笑)


190914-112441_R.jpg
そして1時間ちょっとで山頂へ。
山頂は広く360度開けていて、周囲の低山達や、僧ヶ岳、剱岳、毛勝三山方面が良く見えます。

周囲の山々のほうがちょっと高くて、白馬方面は厳しいですね。


190914-112526_R.jpg
しかし下界の眺めは最高!!
黒部川扇状地から、新潟県糸魚川に続く日本海の海流の流れまで判るような美しい光景が広がっていました。

素晴らしい。
南保富士の名はよく聞いていましたが、流石の景色ですね。
地域で愛されているだけはあります。

久しぶりの登山。
楽しんで帰路についたのでした。


190916-230442_R.jpg
さて帰って今日の本題。
今回は登山であったため、初シナノのトレランポールの使用自体は、最初から最後まで出しっぱなしの伸ばしっぱなしでしたが、
トレイルランニングで使用する際は、序盤は禁止などの場合も有り、携帯の方法を考えないとなりません。

そこで問題。
べストや、ザックのサイドやフロント部などに付けられれば一番楽なんでしょうが、私の持っているサロモンのトレラン用ベストと、シナノのトレランポールはいまひとつ相性が悪い感じです。

サロモンはポールは折り畳みでなく、伸縮用を前提にした装着システムです。


190916-230603_R.jpg
ロングトレイルに使用しようと考えている、6リットルの軽量ザックでも同じ。
さて、どうしようかな・・・


190916-230630_R.jpg
とりあえず、モンベルショップでドローコードと、コードロック、コードエンドを購入し、これらを利用してザックに装着できるようにします。


190916-230706_R.jpg
理想は前に付けられたら、いちいちザックを脱がなくても素早く出し入れできて良いんですが、ちょっと目の前にこれが付いていたら、煩そうです。


190916-230729_R.jpg
色々眺めた結果、ショルダーハーネス背面の調整用のストラップの余りに引っ掛けて、ここを利用して取り付けることとします。



190916-230837_R.jpg
そして、こんな感じ。

少し背負ってうろついてみますが、なんとなく大丈夫な感じです。
元々が計量で薄い生地のため、この場所しかないかな。

でもこんな感じでドローコードを利用すれば、ポール固定以外にも、色々なことに利用できそうですね。

さしあたりこの状態で使用してみることにしましょう。
うまくいくと良いな。


それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

OKI

大人になった全ての人へ
輝く冒険の日々は誰にでも
そんな思い出日記の徒然書