富山発【京都~奈良~大阪】三都巡りサイクリング(その1)

新潟-京都-大阪
05 /08 2012
 今回の内容も、

 ≪前回≫国道8号を走破せよ『後編』【富山~京都サイクリング】

 を無事走り終えた、5月4日(金)の朝から始まります。

 昨日5月2日(水)の深夜から、翌3日(木)にまたがって、0泊2日『富山~京都』338キロの旅をやり遂げた翌日の朝から。

 せっかく京都までやってきたのにこのまま帰る手はありません。せっかくの自由時間!
 まだまだ燃え尽きるまでサイクリングを楽しまなくては!!
 
 と、いうわけで、富山県から始まったサイクリングは、『京都~奈良~大阪』といった、『平安、平城、安土桃山』時代のかつての都を自転車で走り抜ける【三都巡りサイクリング】を行いました。

 

今回のルート。
 先日の無理を踏まえて今日は控えめに100キロを切る程度のルートです。
 京都から奈良まで約50キロ弱。その後奈良から大阪まで40キロ強といったところでしょうか。

 もちろんいくつかの名所くらいは眺めながらのサイクリングですが、疲れた体にはちょうど良い距離です。

 なお、当初は有名な『桂川・木津川サイクリングロード』使って京都~奈良間を通過しようと考えていましたが、昨日の疲れもあってか朝寝坊をしてしまい、それでもホテルのバイキングで存分に朝食を貪っていたら、出発時間が朝【9時近く】になってしまったため、最短距離で奈良県に向かえる、国道24号線ルートを選択することとしました。

 早速速やかに京都市内の名所を巡ります。
 4日の天気は残念ながら曇り空。出発前に見ていた天気予報よりも天気の回復が遅れているようで、残念ながら晴天とは相成りませんでした。

 ですが、サイクリングには支障はないレベルです。
 気温も20℃近くあって暖かく、ウインドブレーカーなしでも走り出せる状態でした。


 IMG_2963_20120511234821.jpg
【9時】
 まずはもっとも宿から近かった『京都御所』に立ち寄ります。
 京都市内は、どこを走っていてもすぐに名所、旧跡に出会ってしまうため、ある程度見切りをつけないときりがありません。

 IMG_2966.jpg
 京都御所とはなんぞや?っという感じでろくに知りもせずに、近いというだけで突入しましたが、中の案内図を見てびっくり仰天。広い・・・
 これはとても見ていられないや・・・
 確かに外から走ってみていても、延々と敷地が続いており、相当な広さの敷地であることが伺えます。
 御所の敷地内や、その周囲では、犬の散歩をする人やら、ランニングをする人が沢山おられました。
 まぁいいか・・・次!


IMG_2967_20120時512000114.jpg 
 お次は二条城でも行こうかと思っていたらこんな石碑に出会います。
 『旧二条場跡』・・・なに。今から行こうとしているのは本物ではないの?っと言った疑念にかられます。


IMG_2968.jpg
 ちょっと『京都府庁』に寄り道です。流石は京都府庁だけあってなかなか古さを感じる由緒正しそうな建物です。


IMG_2969.jpg
【9時20分】
 時間が押しているので、速やかに次の観光地へ。
 今度こそ現在の二条城前にたどり着きました。
 しかし、入場料が必要なようで、、門より中に入ることが出来ません・・・
 また、9時過ぎ程度ですが、観光客が続々中に入っていきます。やはり結構な観光地のようです。
 どんなお城なのか興味がありましたが速やかに先へと急ぎます。


IMG_2971.jpg
 去り際に、周囲を眺めてみると物見櫓や堀の姿が垣間見れます。やはりお城なんだなぁ~


IMG_2972.jpg
 その後は再び『鴨川』を渡り、京都市の東部へ向かいます。
 京都五条や四条の河川敷と違い、この三条より北の鴨川の河川敷はやや広く、散歩をしている人の姿が見えます。


IMG_2976_20120512001625.jpg
【9時40分】
 お次は『京都大学』!!・・・私などには無縁のところですね(笑)
 それでもやっぱり同様に記念撮影をしている人などがいらっしゃいます。


 以後は、大分時間も押し迫ってきたため、京都観光に見切りをつけて速やかに奈良県に向かって走り出します。
 目標は、午前中に奈良県庁前にたどり着くこと。もはや2時間程度しかありません。

京都大学から鴨川を再び渡り、京都市役所前を通る、県道32号線を突っ切って、国道24号線との合流地点へ向かいます。

 県道32号線は、道幅はそこそこ広いですが、商店街や、アーケード街に面している部分があり車通りも、人通りも、さらには路線バスまでもが行きかう走りにくい道でした。
 その上、左車線を違法駐車や、タクシーが塞ぐため走りにくい状態です。最短距離を駆け抜けたかったため、辛抱して走ります。
 
 しかし、国道24号線に入っても、かなり車の通りも多く、観光バスや路線バスが行きかい、なかなか京都中心部脱出に手間取ります。

 ここは遠慮せずに車道の中を突っ切っていくことでタイムロスを減らすことが出来ました。
 
 その後は、京都駅をくぐる地下道を過ぎたあたりからは、道もやや空いてきて走り易い状態へとなりましたが。


IMG_2978_20120512095327.jpg
【10時5分】約15キロ
 河原町十条交差点辺りで、国号24号を奈良県に向かう分岐にたどり着きます。
 自転車や歩行者が通行出来る、綺麗な歩道が完成しており、スムーズに24号線に合流することができます。


IMG_2983.jpg
【10時30分】
 一旦24号線を離れて、さらに距離の短縮を図る為、県道69号線に向かいます。
 ちなみに京都府の国道24号、及び県道69号は、ほとんどが片側1車線の狭い道で、さらに歩道もあるにはあるのですが、なんとか走ろうと思っても歩行者や、ママチャリが正面から向かってくるためまともに使うことが出来ません。
 狭い路側帯を車の左側を縫うようにして走り抜けなくてはいけませんでした。


IMG_2985.jpg
【10時50分】約32キロ
 狭い上に、城陽などの市街地の中心部を抜けなくてはならなかった、69号もいよいよ終了。
 再び国道24号へと再合流します。
 
 この時点で、『奈良県』までは残り22キロといったところでしょう。
 なんとか午前中に到着できるかな?といった時間帯です。


 IMG_2993.jpg
 24号をしばらく走り、307号都の交点、青谷橋をこえるとついに木津川が見えてきました。
 
 木津川沿いは道幅は狭いながらも流れがよく、しかも珍しく追い風の恩恵を受けることが出来て、河川敷を40キロ巡航で駆け抜けます。

 途中、自転車道に降りようかとも思いましたが、この河川敷自体も雰囲気の良い道で、このまま走り続けることにしました。
 
 なお、ここから木津川市~奈良県に向かう頃、悲しいことに『雨』が降ってきます。
 小雨程度ではなく結構本気の雨降りに見舞われ続けて、泣く泣く再びレインウェアを着ることになってしましました。
 先ほどの京都市内では20℃近くあった気温も、再び昨晩のような15℃前後まで下がり寒くなってきていました。
 悲しい・・・

 しかも、先ほどまで快調に走れていた24号も、井出町の市街地に入ると渋滞区間に巻き込まれ、雨に打たれながら車の間をすり抜けていくことになってしましました・・・

 IMG_2996.jpg
【11時30分】
 木津川沿いを追いかけてきた雨雲も、少し足取りを弱めてきました。
 ようやく、『泉大橋』を超えて、私自身も『木津川』を渡ります。


IMG_2997_20120512175402.jpg
 すぐそばには、『桂川・木津川サイクリングロード』の終点がありました。
 京都からここまでつながっているのか・・・

 途中休憩や観光をしたわけでもなかったし、道も狭く車通りの多い上に、しかも途中渋滞区間もあるような24号を通るよりも、やはりこちらのほうがよかったのかな?


IMG_3002.jpg
【11時50分】約48キロ
 その後も雨に打たれながらも、『木津I.C』を超えると車の通りはやや収まり、ついに『奈良県』に到達です。何とか午前中に奈良県にたどりつくことが出来ました。思ったより時間がかかってしまったなぁ。

 奈良県の雰囲気はやはり古の都らしく、穏やかな風景の中にどことなく神秘的なものが隠されているような趣があります。
 24号沿いからも森や小山が沢山見えますが、きっとそれらの多くが古代の遺物なのでしょうね・・・ロマンがあふれています。

 なお。奈良県に入った辺で、京都から木津川沿いをしつこく追いかけてきた雨雲も姿を隠し、時折日光も射すような暖かさが戻ってきました。
 きっと奈良パワーのおかげですね。余り京都には好かれていなかったのかな(笑)助かった~


IMG_3003_20120512181030.jpg
 以後はパイパス沿いに走り、369号に入って奈良市の中心市街地を走ります。
 まっすぐ行けば、すぐに奈良公園ということもあり、観光客がたくさん歩いています。タクシーも観光バスもたくさん走っており、まさに奈良の中心地に近づいてきた実感がわき、テンションも上がります。

 しかし、少しは奈良観光もしたかったのですが、少し巻いていかないと大阪の宿に到着するのが遅くなりすぎそうです。外から眺めるくらいしかできないな・・・


IMG_3004_20120512181029.jpg
【12時40分】
『奈良県庁』着。こんな登り坂の途中に県庁があるの?って言うところに建っています。
 奈良公園のすぐ手前ですね。



IMG_3005.jpg
 中に入れました。シャトルバスの発着場になっているようで、次のバスが出発を待っています。
 県庁の姿は大きくて立派ですが、意外に普通の造り。

 特に奈良らしく歴史的建造物を思わせるような造りではなく、どこにでもあるような近代的な建物です。

 県庁入り口には小さいですが、かの有名な『せんと君』が門番として立ちはだかっています。


IMG_3006.jpg
 奈良公園入口。
 時間が押していたのと、ものすごく広そうで眺めている時間もなさそうなので、入り口だけで記念とします。
 東大寺に行きたかったなぁ・・・


IMG_3009.jpg
【13時】
 その後は県庁前をまっすぐ下り、奈良の中心市街地を突き抜けて、『平城京跡』付近にたどり着きます。
 ここも見学はパスして、遠くから『朱雀門』のみを写真に収めて先を急ぎます。


 駆け足で通り過ぎた、『京都~奈良』でしたが、実はこの5月4日の真の目的は観光ではなかったのです。
 
 真の目的それは、次の目的地、『大阪府』に向かうルートとして、日本の道100選に名を連ねる『国道308号線』。最大斜度30%を超える酷道であるという『暗峠』の攻略を目標としていたからです。


IMG_3010.jpg
 平城京跡をすぎて、あっという間に、国道308号への分岐が見えてきました。

 いよいよこの旅二日目のハイライトにして真の目的地、『酷道308号、暗峠越え』に出発です。


長くなったので、次回へ続きます。

≪続き≫富山発【京都~奈良~大阪】三都巡りサイクリング(その2)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自転車三昧、万歳

京都、奈良は自転車の機動力を活かしてじっくり時間を駆(か)けたいですね

暗峠?...勾配が3?%の上、◎のコンクリート舗装の酷道
先日、お店の奈良ツーリングでお誘いがあり内容は聞きましたが30Tでもキツイとか!
その後のお話し楽しみです。

Re: 自転車三昧、万歳

なんとかかんとか、駆け足で後編も書き終えました。
暗峠はロングツーリングの途中のイベントとしては過酷すぎますが、
地元の方にとってはちょうど良いトレーニングコースでしょうね・・・

今後は目的地一直線のキャノンボールサイクリングのみならず、
じっくりと一つ所をじっくりと観光するサイクリングも計画してみたいと思います(笑)

OKI

FC2ブログへようこそ!