梅雨の手慰みに『ウエス作り』

サイクル用品に関する童心
06 /17 2012
梅雨の長雨がはじまりました。
しばらくは、天気のご機嫌のチャンスを見計らって合間に自転車に乗る日々が続きそうです。

さて・・・良い機会なのでちょっと内職でもしようかな。


皆さんは、自転車のクリーニングの際など、どのようなウエスを使っていますか?


ホームセンターで売っているウエスや、古タオル、古靴下、古トランクスなど様々なものがあると思います。

ちなみに私が使っているのはこれ。
IMG_3459.jpg
 着古してビロビロに伸びてしまったTシャツです。
 この時期、暑い夏を前にして、古いシャツを一新するつもりでしたのでちょうど良い頃合いです。

 なお、綿100%が基本ですね。
 着古した柔らかいシャツは、毛羽立たず、糸もほつれずプーリーやスプロケに巻き込む心配もない上に、塗装を傷つける心配もなく使用できる、かなり高性能なウエスとなります。


IMG_3461.jpg
 当然、シャツの状態のままでは大きすぎて拭きづらく、何より掃除するたびにシャツを一枚使用するのではあまりにもったいないです。
 
 そのため、まずはシャツを大きく2枚に開きます。



IMG_3462.jpg
 さらに、開いたシャツをそれぞれ4分割にして出来上がり。


IMG_3464.jpg
 一枚一枚は、ハンカチ一枚程度のこのように小さな端切れとなってしまいます。

 しかし、毎回のサイクリングの後に、細かい砂や、水はねなどで汚れた車体を、拭くだけ洗浄&WAX系のケミカル等で拭き上げるには十分すぎるサイズとなります。
 拭ききった後はゴミ箱にポイ!


IMG_3463.jpg
 さらに、別の端切れで駆動部分、注油部分の拭き上げを行い、使い終った後はまたしてもゴミ箱へポイ!!
 
 大分黄ばんでいましたが、元は白いTシャツ。掃除した部分の汚れがハッキリ解り、綺麗になったことが実感できるうえ、ウエスの汚れ具合も一目瞭然で、非常に使い勝手が良い存在です。

 常に清潔なウエスで気持ちよく愛車を磨き上げることが出来ます。


IMG_3586.jpg
 ・・・ジョキジョキジョキ・・・

 と、小一時間かけて8枚の古Tシャツをさばき終わり、8枚×8枚=64枚のウエスの山が完成しました。これで次の1年以上愛車を磨き上げるのに十分な枚数のウエスが完成しました。
 
 自動車や、バイクなどでは汚れの面積も、質も量も桁違いのためこのような端切れではとても追いつきません。
 小さな端切れで事足りる、自転車ならではの工夫と言えるかもしれませんね。

 これでウエスの予備も安心、これからいつもピカピカにして走るぞ!!


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!