2012年版『カブトムシ』羽化しました

カブトムシに関する童心
07 /24 2012
 ここ最近は、毎日カブトムシが成虫になっていないかを確認する日々が続いていました。
 ついに、今日夕方、飼育ケースを確認してみると腐葉土の中に掘り返したような跡や、今まさに潜り込んだような跡がいくつか見受けられました。

P7240006.jpg
 掘り返してみると・・・
 いました。立派なカブトムシの成虫です。いつの間に這い出してきていたのでしょう。
 育て始めてから早第三世代となる成虫の出現です。
 とりあえず、今年も無事成虫まで育て上げることに成功しました。


P7240008.jpg
 成虫を確認したら、ブリーダーとしては次は繁殖の準備です。
 急いで用意してあった産卵木を水に浸して、繁殖用のつがいを別の飼育ケースに移す準備を行います。


P7240011.jpg
 今のところは、確認できただけでオス5匹に、メス1匹。
 今回はもともと幼虫の頃からして数も少かった上に、安い腐葉土を使用して飼育したために、成虫もやはり小粒です。
 近所の子供達に配るほどは作れなかったろうなぁ。もっと気合入れて増やしとけばよかった。


P7240012.jpg
 今のところ1匹のみの貴重なメスです。後何匹羽化しててくるかわかりませんが、もともと少ないはずの為、早いうちに確保して来年用の卵を産んでもらわないといけません。

 今年は産卵木も用意したし、繁殖用のつがい達には、ちゃんとしたクヌギのマットも用意しました。
 また、一日中薄暗い車庫の中ではなく、涼しくてなおかつ、一日の活動サイクルを整えられるような、比較的明るい場所を用意しました。
 これで、来年は大量の幼虫が手に入らないかな? 


 それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

出産、おめでとうございます。

すごいですね!第三世代まで
生き物は難しいです、文句も言わないし顔色も分からないし。
カブトムシのお世話、庭木、花壇、蛍光灯、家族の...
僕は自転車に乗ってばかりで今年の家庭菜園はミニトマトのみ、あぁ お世話していない
カブトムシ、ぜひ大量発生させてください!

Re: 出産、おめでとうございます。

生来の凝り性の性格が災いして、3年前に貰ったつがいが卵を産んで以来打ち切りにすることが出来なくなってきています(笑)まあ子供が小さいうちは喜んでくれるので育てがいが有りますけれどね。
昆虫マットと、時折水をかけてマットが乾かないようにしてやるだけの世話で済むので金魚や犬の世話よりよっぽと簡単ですよ。

OKI

FC2ブログへようこそ!