防水カメラって面白い!!『OLYMPUS Tough TG-620』

サイクル用品に関する童心
08 /04 2012
今日は天気も良かったので、家族に加えて甥姪達を引き連れて、夏らしく海水浴に行ってきました。

 晴天に誘われて、サイクリングなどしたいところですが、楽しいサイクリングライフのための自由気ままなな活動時間を確保するためには、こういった家族サービスも非常に重要です。


P8040274.jpg
 海水浴場に到着。う~ん。澄み渡る青空が素敵です。
 当然のように軽く30℃を超える猛暑の週末となったこの日は、まさに海水浴日和。
 結構な数の家族連れが訪れていて、海水浴を楽しんでいました。

 なお、前回の立山登山の旅から、防水機能を備えた『タフネスデジカメ』を導入しており、この海水浴でも存分にその性能を発揮させてもらいました。
 この写真も当然海から撮影していますし、泳いでいるときも海パンのポケットに入れっぱなしで持ち運びできます。これは便利。


IMG_4099.jpg
 メーカーは、最近なにかとにぎやかなオリンパス製ですが、機能や画質には何の問題もありません。
 グリーンのカラーがアウトドア製品ぽくて、良い感じです。
 なんとこのTG-620は、1.5メートルからの落下に対する耐衝撃性能及び、水深5メートルまででの使用が可能です。

 日進月歩の家電業界では、やはり新しいものはどんどん良くなってきていますね。

 サイクリングの際などでも、突然の雨はもちろんのこと、通常の使用時でも背中のポケットなどに入れていては、汗による蒸れなどにより、デジカメにとって悪影響なのは疑い有りません。

 実際、今まで使っていたキャノンのIXY30Sが、長時間の活動の際に時折不調を訴えるようになってしまったことが、タフネスデジカメの必要性を強く感じるようになったきっかけでした。
 
 タフネスデジカメならば、背中のポケットに入れていて汗だくになっても安心ですし、まかり間違ってサイクリング中に落としたとしても、かなりの確率で中身は無事なことでしょう。


P8040293.jpg
 当然潜って海底の砂を撮影することも可能。
 海水浴場の為、人に荒らされ過ぎて魚の1匹もいないところが残念なところです。


P8040291.jpg
 水中から撮影した空と太陽。良く撮れています。これはなんだか面白いぞ。


 P8040263.jpg
 そして波が来た!来た!来たぁぁぁぁぁ!!

P8040275.jpg
 来る!来る!来るぅぅぅぅぅ!!!

P8040277.jpg
 あわわわわぁぁぁぁぁ!!!!


P8040264.jpg
 ぐぼああああああっっっっっっ!!!!!


P8040272.jpg
あ~面白い。しばらく夢中になって波にのまれるところばかりを撮影していました。
 
 帰ってからは嫁に『波ばかりで子供を全然撮って無いじゃない!!』
 と、怒られたのは良い思い出です。

 アウトドア活動をする人間であれば、やはりタフネスデジカメを一つは持っておくべきですね。


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アウトドア仕様のカメラ

どうも山賊です。
防水・防塵・耐衝撃・・・使用のカメラは、アウトドアの必須アイテムですね。
話題(?)のオリンパスもなかなか良さそうですね!

私もペンタの防水カメラを長年使用してきましたが、昨年秋、新たに耐衝撃・耐水圧のペンタのOptio WG-1 GPSを購入しました。
※既に新製品が出て廃版になりましたが・・・・
ペンタのWシリーズ3代目ですが、Gショックぽくて気に入ってます。

Re: アウトドア仕様のカメラ

山賊様ありがとうございます。
 デジカメを持ってからずっとキャノンの製品を使っていたうえに、防水カメラは画質が悪いと思い込み、長年敬遠してきましたが、写してみれば何のことなしこれまでとおり綺麗な写真で安心しました。
 また、TG-620のテカテカのアルマイトカラーも、最初は渋くないなぁ・・・と思ってみていましたが、慣れてきたらかっこよく思えてきました(笑)

 ペンタックスのG-ショックのようなごついやつもかっこいいなぁと思ったのですが、基本自転車からの走行中の撮影を想定していて、背中のポケットから出して、『片手のみ』でスイッチ、ズーム、シャッターの各スイッチ操作が、タフネスデジカメの中で一番やり易かったのがTG-620の決め手でした。
 こればかりは操作の慣れよりも、そもそものスイッチの配置や本体の形が非常に重要な要素なのでは無いかと考えますので。

 まあ危ないのでとても人にお勧めできる選択の仕方ではありませんが・・・
 これからも、このタフネスデジカメを活用してガンガン撮りまくりたいと思います。

OKI

FC2ブログへようこそ!