2012年産『カブトムシの卵』が生まれました

カブトムシに関する童心
08 /05 2012
 2012年は、繁殖カブトムシ不作の年であり、飼育ケース内の成虫の数は『オス11匹、メス8匹』といった数に終わりました。

 別に商売でやっているわけではないので大量に繁殖させる必要もないのですが、毎年もらえると思っている親戚や、近所の子供たちに『ゴメンね今年は少ないんだ・・・』

 と、言わなければいけないのは結構苦痛です。


P8050299.jpg
 そんなわけで、成虫が羽化してから2週間。無事にいくつかの卵の存在が確認できました。
 飼育ケース内の腐葉土全体ではどのくらい生まれているかな?
 これらの卵たちが、翌2013年夏には成虫となって這い出してくることになるでしょう。

 まだ成虫のオスメスが健在なので、これから夏の終わりまでにかけて沢山の卵を産んでもらいましょう。

 なお、今生まれた卵も、もうかなり大きくなってきているものも有ります。
 幼虫が出てくるのも、もう間もなくといった感じです。
 あとは卵が水を吸って大きくなって貰えるように、腐葉土に水をかけて蓋をします。
 この夏は、沢山卵を産んでくれるといいなぁ。


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして

先日、たまたまこちらのブログを見つけ、拝見させて頂いております。
私も同じ富山県在住で、ペット飼育などを趣味としております。
なかでも、クワガタ、カブトを数年やっており、現在も少ないながらも続けております。
カブトムシは夏の虫って感じで良いですね。

これからもお邪魔させて頂きますね。
それでは。

Re: 初めまして

ねおくり様。どうもありがとうございます。

私の場合は、飼育どころかただ増やしているだけという、工夫もくそも無い育成の仕方であり、本来とても人に見せられるものではないところなのですが、見ていただけたのであれば、非常に恐縮です。

もともと生き物は大好きだったのでこれからもいろいろ記事にしてみたいと思っています。よろしくお願いいたします。

OKI

FC2ブログへようこそ!