豚肉ごろごろ激辛『男』カレー

燻製・グルメに関する童心
09 /01 2012
 昔は辛いものが全然だめで、20代後半でもカレーは甘口を選択していた軟弱者だったのですが、30代も終盤に差し掛かった今日この頃、味覚が激変して辛いものがめっぽう好きになってきました。

 そして、最近に至っては嫁の作るカレーでは飽き足らず自分で作ることがままあります。

 昼間にスーパーに行ったところ、肉が安かったので、カレーを作ることにしようと決めました。

 しかし今回はいったい誰得の話でしょうかね(笑)?


P9010537.jpg
 いつもは、異なるメーカーの辛口のルーを二種類買って、半分ずつ使って2社の味をブレンドするという手法を用いますが。しかし今日は変わったものが・・・

 夏季限定か・・・バリ辛という表記がまたいいじゃない。
 今日はこれで作るかな・・・

 ひと箱全部で11皿分とのこと。これで3日は晩御飯はカレーです!
 

P9010535.jpg
 さてまずばバナナを3本握りつぶしてフライパンへ。


P9010538.jpg
 それに酢をたっぷりと、バルサミコ酢、カレー粉、リンゴジャム、ブルーベリージャムを適量。
 そして、隠し味におろしニンニクを気の向いただけ投入してよく炒めます。
 
 炒め方が甘いと、酢臭かったり、ニンニク臭かったりするのでよく炒めます。


P9010536.jpg
 次は玉ねぎだな・・・カレーには定番ですね。

 私は、みじん切りにした玉ねぎを、とろけるまで煮込んだカレーが好きなので
 大きめの玉ねぎを3つ、涙を流しながらみじん切りにして、どっさり用意してあめ色になるまで炒めます。


P9010539.jpg
 あ~暑い。
 バナナと、玉ねぎを炒めながらも汗が出るために酒が進みます。


P9010543.jpg
 それらを炒めながらも、隙をみてニンジン大きめ1本を下準備。


P9010544.jpg
 これでよし。
 私は野菜の形が残らないカレーが好きなので、こまかく刻みます。
 
 なお、カレーが粉っぽくなるのでジャガイモは使いません。
 

P9010540.jpg
 さてと・・・
 まずはカレーに甘みをもたらす為の、炒めバナナが完成です。
 酢や、ニンニクの臭いはすっかり飛んでしまっており、カレー粉の香ばしい香りがします。


P9010541.jpg
 そして玉ねぎ。
 うんいい色です。甘い香りがしてきます。


P9010546.jpg
 さて、お次はお待ちかね。『肉』です。

 これは豚バラおよそ700g
 でかい。ちょっと多すぎか(笑)


P9010545.jpg
 そして、豚だけでは味が単調なので、牛ロース。300g

 2種類の肉を一緒に煮込むと味が複雑になってとってもおいしいのです。
 

P9010547.jpg
 肉を3センチ程度の塊に切る切る。
 う~んうまそう。


P9010549.jpg
 牛はペラペラの肉なので細切れに。


P9010548.jpg
 切ったらまずは、豚肉から炒めます。
 結構しっかり炒めて、焦げ目が少々付くくらいにします。


P9010550.jpg
 まあとりあえずはこんなところかな?


P9010554.jpg
 続いて牛!!



P9010555.jpg
 いい感じで焼けてきました。
 すごい油・・・


P9010556.jpg
 焼けたら油を切ります。
 油を切る為の、金ザルが無いので、ラーメンの湯きりで代用します。
 金ザルが無いくせに、なんでこんなものが有るのでしょう(笑)


P9010560.jpg
 肉を湯きりの中へ。
 ボタボタと、すごい量の油が流れ落ちていきます。もしもあれが体内に吸収されていたかと思うと恐ろしい・・・


P9010564.jpg
 そして、沸騰した鍋の中に、今まで炒めたり刻んだりした食材をおもむろに投入します。
 ここは豪快にドボンです。
 う~ん見た目はこのままでも充分に美味しそうです。が、まだ当然味はしません。

 しっかりアクを取るまで煮込みます。


P9010567.jpg
 お次は、『ナン』を作ります。

 私は、カレーライスよりも、カレーにナンを浸して食べるのがめっぽう好きなので。



P9010568.jpg
 小麦粉700gに、塩10G、砂糖15G、ベーキングパウダー30gくらいを適当に投入して、さらにはとりあえず水を350mlほど流し込み、適当な硬さになるように水けを調節していきます。


P9010570.jpg
 ひたすらにこねる・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 10分ほどこね続けたでしょうか。大分粘り気が強くなって、餅のようにまとまってきました。

 まあこんなものでしょう。


P9010573.jpg
 あ~暑い。
 酒が進みます(笑)


P9010571.jpg
 そろそろ煮込んだカレーの具もアクが出尽くしたようですので、ルーを投入します。
 
 あとは弱火でとろける様になるまで煮込み続けるのみ。


P9010572.jpg
 ナンの生地もとりあえず、ラップをしておいてしばし寝かせます。

 その間に、犬の散歩に行っておくかな・・・



P9010577.jpg
【小一時間後】
 犬の散歩から帰ってきて、ナンの生地を10個の塊に小分けします。


P9010580.jpg
 ナンの形に伸ばします。

 手頃な大きさの、丸いお皿の縁を使って形を整えると、上手にナンらしい形が作れます。


P9010579.jpg
 あとは、伸ばした生地を薄くバターを引いたフライパンでよく焼きます。
 ちなみに、少々強めの火でパリッとしっかり焼くのが好みです。

 これを枚数分延々と繰り返します。
 
 これにてもう大詰め。完成間近です。


P9010583.jpg
 ジャジャ~ン。完成

 豚肉たっぶりカレーと、ナンのセットです。

 休日も仕事に行っており、丁度完成の頃に帰ってきた嫁に食わせると大層美味しいと好評でした。
 今日買ってきたカレールーは、辛みと良い舌触りと良い、ナンとよく合っていたようです。


P9010585.jpg
 カレーは少々煮込み時間が足りないながらも肉も柔らかくなっており、玉ねぎも程よくルーに溶け込んで美味しく仕上がりました。
 あ~うまい。
 そして程よく辛い。でももっと辛くてもいいなぁ。すっかり辛党になってしまった。

 明日の晩になればもっと味が溶け込んでより美味しくなっていることでしょう。楽しみだなぁ。


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!