新しいデジカメを買いました 【キャノン IXY30S】

その他に関する童心
02 /27 2011
 いざブログをはじめたら、デジカメで写真を撮りたいと思う場面が多くなってきました。

 特に撮影の用はなくとも、いつ面白い事柄に出会うとも限りませんしなるべくデジカメを携帯していたいところです。

 私が今使用しているカメラはキャノンのIXY55というもう5年以上前のデジカメです。ちなみに撮影可能画素数は500万画素。
IMG_0015.jpg
※新デジカメの IXY30Sにて撮影

 L版や2L程度のサイズの写真撮影など、通常使う分には何の問題もありません。むしろ私の使用の範囲では、この性能でも十分すぎるくらいです。

 が、いざブログ用に写真を撮ろうとすると思いのほか屋内での撮影を必要とするなど、悪条件下での撮影が多いことにも気がつきました。

 屋内での撮影は光量が足りないため、必然的にフラッシュを多用したりしますが、その結果の画像の出来栄えが今ひとつ。

 これまでは基本的に晴天の太陽の下以外では多少画像が劣るのは仕方がないと考えていましたが、いざブログに載せるとなるとそうはいきません。

 これからは屋内での撮影も多くなるだろうからと、思い切って各家電メーカーがモデルチェンジを始めるこの時期に、旧モデルの特売狙いで購入しました。



 そこで悩んだのが、光学ズームの倍率や、画素数の大小などのスペック比較です。

【光学ズーム力】:大きいに越したことはない。出来れば5倍くらいは欲しいところ。しかし倍率が大きくなるに従いレンズは拡大し、重量がかさむ。携帯性に影響あり。 

【画素数】:最近はコンパクトデジカメでも1400万とか普通に並んでいます。が、実際その撮った画像を表示するディスプレイの解像度や、写真等におこすプリンターの性能を遥かに上まわっている記録能力ではないかと思うのです。それに重要なのは画素よりも、CCDやCMOSなどの【撮影素子】の性能が重要らしいし・・・


 結果は、光学3.8倍、1000画素数。
 別にキャノンの回し者ではありませんが、これまで使用したいたものと同メーカーで、室内や暗い場所でもきれいに撮れるとの触れ込みのIXY30Sを購入しました。
IMG_2665.jpg
※旧デジカメ、IXY55にて撮影

 まあ、実際は携帯みたいにメーカーを変えたときに、各種操作が変わると、それを覚えるのが面倒だというのもあるんですけどね。
 とりあえず旧型のカクカクしたデザインに比べ、滑らかな曲線のフォルムが艶かしいしです。
 また、比べてみると意外なことに、新型のほうがややサイズが大きく厚みや全長が長いんですね。箱は小さいんだけれど・・・

 黄色いカラーは本当は無難にシルバーが欲しかったのですが在庫がなく、ちょっと冒険してみようと思った結果です。最初はどうなんかな~この色。と思いましたが、記事を書いている間に慣れてしまいました。

 さて、このカメラ同士の写真では違いがわかりにくいので早速比較テストです。
5年以上の歳月は、デジカメをどこまで進化させたのか?
撮影モデルはこの方!!
IMG_0034.jpg
 ※もはや時も盛りも過ぎましたが、SBニック社製のMS-06S携帯及び充電器です。
  人生の何割かをガンダムに染めこんだ私は、当然ながらこの携帯を愛用しております。

 なおこの写真は新型のIXY30Sで、通常の室内蛍光灯の下で撮影したものです。
新型の場合はAUTOの状態で撮影してもフラッシュは出ませんでした。光量が十分あるということなのでしょう。
 旧型の場合はとにかく室内で撮影するというだけでフラッシュが発生していたのでこれだけでも大きな違いです。


 さてさてまずは旧型のIXY55を、ナイトモードに設定。
 部屋の蛍光灯を消し、明かりといえば充電器に仕込んだ携帯電話から発するモノアイの光のみの状態です。



IMG_2668.jpg
まずはフラッシュ有り。
フラッシュの光が、モノアイの前面のクリアパーツに反射してしまい、内部が良く見えません。
また、色合いもなんだか不自然な、いかにもフラッシュな感じです。

IMG_2674.jpg
そしてフラッシュ無しの撮影。
モノアイの明かりが見えるのみです。暗闇の中ではまあこんなものでしょう。




 さ、次はいよいよ新型のIXY30Sの出番です。
 先ほどと同様にナイトモードに設定して、まずはフラッシュ有りで撮影です。
IMG_0045.jpg
 すごい。フラッシュをたいての撮影であるというのに、クリアパーツを通して中に収められた携帯自身がはっきりと見て取れます。充電中の赤ランプまでくっきりです。
 また色合いも画質を落としたブログの画像ではわかりにくいかもしれませんが、より実色に近い発色を写し撮っています。

 
 さて次はフラッシュ無しです。
IMG_0047.jpg
 これもすごい。内部に納まった携帯からのモノアイの明かりで照らされた部分がはっきり見て取れます。
 この能力なら、薄暗い明かりの中での撮影でも目に見えた風景に非常に近い形で撮影することが可能でしょう。実際よりきれいに撮れるかも

 この5年ほどの間に何度もデジカメはモデルチェンジを繰り返してきたことでしょう。このくらいの変化は当然なのかも知れません。
 さしあたりは、この新しくなったデジカメでガンガン撮影して記事を作って行きます!!

 古いデジカメは・・・?サイクリングやアウトドアなど、外に持ち出して、ハードに扱う可能性のある場合に使用します。性能的には十分使えますからね。まだまだ活躍してもらいますよ。

 それでは今回はこのへんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OKI

FC2ブログへようこそ!