剱岳登頂の旅【第2回、早月尾根日帰り登山】

剱岳
09 /22 2012
 9月22日(土)
 本日はそこそこの秋晴れの中、自転車仲間のあらくにさんと共に、剱岳登頂を実施してきました。
 
 私にとっては先月の『海抜0メートルからの剱岳登頂チャレンジ』以来の、2度目の剱岳となります。

 ちょっと間隔が近すぎな気もしましたが、どんな場所でも1回目はあまり余裕もなく、一度には多くの事柄は理解できないものです。
 そのため、滅多に行けない(行こうとする気にならない)場所であるからこそ、記憶の新しいうちにもう一度よく観察しておけば、よりよくその場所について理解することが出来るはずです。

 ついでに今日は前回の記事通り、山頂でカップラーメンを食べるという大事な目標もあります。気合を入れて登山に向かったのでした。


P9220149.jpg
【5時40分】
 馬場島に到着後、登山口近くの駐車場は秋のシーズンの為か満車であったため、数百メートル下の登山者用駐車場に車を停めて、剱岳登山口へと10分ほど、舗装路を登ります。
 右手には富山県警馬場島派出所と、馬場島荘。
 そして正面には剱岳と、その行く手に立ちはだかる巨大な早月尾根の姿。またあそこを登るのか・・・

 また天気予報では、今日は下界は28℃まで上がるとのことでしたが、標高760メートル馬場島の、9月後半の気温はさすがに涼しく、もしかして今日の山頂は寒いのかな?といった不安にかられます。
 
 
P9220151.jpg
【5時50分】
 登山口手前、試練と憧れの石碑の前に到着。

 前回は自転車を利用して馬場島に入ったこともあり、荷物の増加や、急登が多い早月尾根で邪魔になるのを嫌って持って行かなかったストックですが、今回はしっかり持参しました。
 
 今回改めてストックを持って行ってみて、これが有るのと無いのとでは足に対する負担と疲労がまるで異なることがよくよくわかりました。

 さらには今回は、いつものトレランシューズではなく、足首までのトレッキングシューズで挑むため、前回よりはかなり楽に行けるのでは?といった淡い期待も持っていました。
 そして見事に打ち砕かれましたが・・・
 
 それではスタートです。


P9220152.jpg
【6時15分】
1000メートル地点の松尾平に到着。


P9220153.jpg
 秋になって太陽が低くなった為、山々にさえぎられていまだ登り切ってきませんが、雲も薄く、青空が見られます。北方稜線から風に流された薄雲達の流れる景色が美しい・・・


P9220154.jpg
 標高1,200メートル手前の立山杉の主。今日は反対側の登り側から撮ってみました。
 とても大きなウロが開いていて、なんだか熊とかが隠れていそうで少し恐ろしい・・・


以後は順調に登り続けます。

【6時45分】
1,200メートル

【7時10分】
1,400メート

【7時20分】
1,600メートル

【7時50分】
1,800メートル

 登っているときは無限かと思うほど、長く感じる辛い時間ですが、実際は200メートル登るのに20分ちょっとしかかかっていないんですよね・・・

P9220165.jpg
 そして、標高1,800付近で見つけた【木苺】
 
 収穫の秋ですね。赤々としてとってもおいしそうです。そのほかにも、所々の木に赤い丸い木の実や、登山道付近の地面にはキノコや、有名なベニテングダケなども生えていたりして、実りの季節を実感させられます。


【8時25分】
2,000メートル
 やはり、1,800メートルから2,000メートルまでの区間は道が険しいだけあって結構時間がかかっていますね。


P9220172.jpg
 さて、早月小屋まであと少しのところで、早月尾根ルート唯一の池塘があります。
 
 前回。夏に訪れたときはボウフラの卵のような物が沢山浮いているように見えるだけの汚い水だったのですが、今回は何やら変わったものが・・・

 なんだこれは?オタマジャクシ??体長数センチの黒い生き物が小さな池塘の中にウヨウヨしています。
 

P9220174.jpg
 オタマ・・・いや違うな・・・全部の個体が足4本生えそろっているし、頭にウーパールーパーの様な触覚が有ります。
 
 まさか【サンショウウオ】?

 と思って帰ってから調べてみると、本当に【サンショウウオ】が住んでいるようでした。こんなに沢山見たのは初めてだ・・・
 サンショウウオは、もっと綺麗な水に住んでいるようなイメージが有りましたが、こんな所にもいたとは・・・

 どうやら止水性の沼地などに住む、【クロサンショウウオの幼体】のようです。触覚のような外鰓などが生えているのはそのためのようですね。

 今回最大の驚きです。すごい・・・
 ぜひとも大きくなってこのまとわりつくブヨを沢山食べて下さい・・・


P9220185.jpg
【9時5分】
2,200メートル
 ついに、早月小屋に到着しました。
 距離的には、3分の2近い道程を進んでいるのですが、実際の労力的には早月小屋で、ようやく半分といった具合でしょうか。


P9220186.jpg
 小屋では今から、ヘリでの荷卸しが有るとのことで、山小屋正面の広場ではなく、テント場を休憩場所に利用させてもらえることになりました。
 どうりでさっきから何度もヘリの音が聞こえてきたはずです。
 
 さて、ここで軽食&トイレ休憩です。

 しかし、もっとテントが張ってあるかと思いましたがテント場はガラガラ。そういえばすれ違った人も少ないし、今日は人が少ないのかな?


P9220188.jpg
【9時40分】
 少々のんびりし過ぎてしまいましたが、早月小屋を出発します。


P9220190.jpg
 と、登り始めてしばらくして、またしてもバラバラと大きなヘリの音が聞こえてきました。

 小屋のほうを見てみるとヘリが大きな荷物をあっという間におろして、再び飛び去って行きました。
 何度か繰り返しこのような作業を行っているようですね。

 ヘリは下界ではなく、山のほうへ飛び去って行きました。どこから荷物を運んできたのでしょう?室堂辺り?
 

P9220191.jpg
 今日はまだ雲も出ておらず、遥か彼方の富山平野や富山湾が綺麗に見渡すことが出来ました。
 
 ここから下界が見えるということは、強力な自転車用ライトでも点滅させたら、自宅の妻子に見えるのかな?
 ・・・救援を呼ばれたら困るのでやめておきましょう。

【10時10分】
2,400メートル


P9220195.jpg
 ここまで来ると、完全に森林限界を越え、岩場が目立ち這松の生い茂る世界へと変わります。
 
 ああ・・・しかし登りがキツイ・・・
 あらくにさんは、登りが強いので着いていくのに苦労します。
 

【10時40分】
2,600メートル

【11時25分】
2,800メートル
 2,600から、2,800は強い傾斜や、登り返しが有ったりと長く辛い区間の為、やはり長めに時間を要しています。


P9220202.jpg
 そして、ついに雲が流れ出てきてしまいました。
 荒々しく美しい稜線たちも隠されていきます。

 山はやっぱり午前中に登頂しないと山頂での大パノラマは難しいのかなぁ・・・


P9220204.jpg
 ですがまだ、尾根の反対側の稜線は青空が見えています。
 
 山頂まで残す標高は200メートルを切り、道のりはわずか0.7キロ

 少しでも天気の良いうちに、山頂へたどり着くために再び歩を進めます。


P9220205.jpg
 ちらりとはるか下方の谷を見ると、けっこうな高度感が有ります。
 

P9220208.jpg
 さらに進んで今度は天気の良い南側の谷のほうを見ると、何やら鬼の角のような変わった岩も。

 しかもよくよく見れば、誰か登ろうとしているではないか。すごいなぁ。
 多くの岩場が、様々な登山家たちを剱岳に引き寄せるのですね。


P9220209.jpg
 植物も少なくなり、いよいよ鎖場が近づいてきました。
 
 さらには、風も大分冷たくなってきました。やはり夏の風とは明らかに違います。

 登っているので身体は熱く、ウインドブレーカーなどを着るほどではありませんが、アームウォーマーをして直接風を受けないようにします。


P9220210.jpg
 キモの鎖場も難なくクリア。
 
 しかし鎖場は、晴れていればなんてことはない景色ですが、曇って視界が悪くなると下が見えないので恐ろしげな景色になりますね。


P9220213.jpg
 最も長い縦の鎖場もスタスタと登ります。


P9220218.jpg
 ついに鎖場を終え、山頂付近の案内矢印へとたどり着きました。
 長かった~もう頂上は目と鼻の先。


P9220223.jpg
【12時5分】
 ついに登頂!!あ~長い道のりでした。

 あれ?しかし・・・
 なんだか風景が違う?

 地べたには剱岳2,999mの板切れ。

 あれれ!【祠】が無い!!どこに行ったのでしょう?雷でもあたって燃えてしまったのか?しかし祠を囲った石垣も無いので、誰かが降ろしたのでしょうか?

 まあ、登頂したことに変わりはありません。気を取り直して満足感に浸りつつしばらく辺りを眺めまわります。


P9220224.jpg
 前剱方面。
 今日は雲に囲まれて、立山方面すらもよく見えないのですが、近場は空気が澄んでとても綺麗に見えます。


P9220227.jpg
 源次郎尾根を山頂の崖っぷちまで進み、真上からのぞいてみます。

 う~ん険し過ぎて、どこをどう登ってくるのか全く分からないですね。


P9220231.jpg
 荒々しい八ツ峰。
 ああ…見事だなぁ。

P9220233.jpg
 そのはるか下方にはテントが。
 今日はあそこから登ってこられたと思われる集団も何組かいらっしゃいました。
 ヘルメットとザイル姿で、我々一般登山者とは一目で異なると分かります。


P9220232.jpg
 そして後立山連峰の山々。
 今日は立山方面よりこちら側のほうが遠くまで見通せました。山深い・・・針ノ木岳くらいしかわかりませんが、実に多くの山々でひしめいているといった感じです。


 ・・・さて。
 山頂には、20人以上の登山者の方々が休憩しておられちょっと狭い感じです。

 ちょうど昼食の時間帯ですから休憩&調理場所を確保しなければ。


P9220240.jpg
 適当な岩陰に腰を据え、道具を広げます。いや~テンションあがるなぁ。
  
 いよいよ登頂に続く、今日の第2のハイライトクッキングタイムです。


P9220243.jpg
 取り出したカップラーメン。
 ・・・もっと蓋がパンパンに膨らんでいないかと期待したのですが実に普通でした。
 そういえば、ランチパックの袋もいつもと違ってやや余裕が有ります。
 
 いつもと比べて今日は地上との気圧差が小さいってこと?
 昨晩まで雨でしたし、今日も夜からは雨の予報です。低気圧が近づいているからでしょうか?


P9220242.jpg
 さて、いよいよ携帯燃料に火をつけました。
 アルコールが主成分の為か火の色は良く見えません。


P9220244.jpg
 ちょうど500mlの水を入れた手鍋に、温めるためハンバーグも入れて、準備完了。
 あとはお湯が沸くのを待つだけです。楽しみだなぁ

 ・
 ・・
 ・・・
 ・・・・
 ・・・・・ 
 ・・・・・・
 ・・・・・・・
 
 沸かない!!
 あらくにさんのガスバーナーが、あっという間にお湯を沸かして、当にカップラーメンを食べ終わりつつあるというのにいまだに沸く気配が有りません。なんだと・・・

 だめだ・・・
 10分近くは火に掛けていたでしょうか?ようやく泡らしきものが目立ち始めたところでタイムアップ。
 天候の悪化が懸念されるため、あまり山頂でのんびりし過ぎていてはいけません。
 
 悲しいかな。未沸騰のままカップラーメンに注ぎ込みました。


P9220245.jpg
 やや熱いと言った程度のお湯で作ったカップラーメン。
 少々麺は固いですが、けっこう美味しく出来上がりました。
 
 やはり寒い山頂で暖かい食べ物は最高ですね。

 その後余ったお湯でコーヒーを飲み、速やかに後片付けを済ませたのでした。 
 
 固形燃料は、キャンプするときのようにたっぷり時間のある時は良いんでしょうが、山頂ですぐお湯を沸かしたい!!
 といった場合には少々火力が弱すぎるようです。残念ですが、これが現実が・・・バーナーが欲しい!!



P9220248.jpg
【13時10分】
 下山開始。山頂の周りは思ったより天気も良く青空も見えていました。
 
 しかし、帰りの時間を考えれば、1時間以上も山頂に長居をしてしまったために、さっさと下山しなくてはなりません。


P9220254.jpg
 山頂付近よりも、やや下のほうが雲が多いようでした。
 ボルトで補強された足場も慎重にパスします。


P9220255.jpg
 山頂付近の岩場をすぎて、以後は急な傾斜の下山道を、足の痛みを堪えながら必死で下ります。
 まるで雲の中の一本道を歩いているようです。
 
 
P9220256.jpg
【15時】
 ようやく早月小屋にたどり着きました。
 午前中よりもテントが増えています。明日の早朝アタック予定の人たちが登ってきたのでしょうか?

 それにしても足が痛い。ダブルストック&トレッキングシューズのおかげで、前回に比べれれば体力的にも、足の痛みにも余裕はありますが、辛いものは辛い。
 

P9220257.jpg
【17時30分】
 その後の登山道の間では、相変わらず雲に包まれ、ブヨにまとわりつかれ、湿った木の根で何度も足を滑らせて痛い思いをし、二人とも口数も減り、心身ともにボロボロになりながらようやく下山口にたどり着きました。
 

P9220261.jpg
 終わった・・・
 人生2度目の剱岳でしたが、新たな発見や、いろいろと再確認できたこともあり、辛いながらも充実しきった濃密な時間を過ごすことが出来ました。

 もうしばらくは登山はしたくない・・・と、思いつつも疲れが癒えたころにはきっとどこかに行ってみようかな?と考えていることでしょう。


P9220262.jpg
 朝も歩いた駐車場までの道を、足を引きずりながらゾンビの様に車に向かいます。足痛い・・・

 さようなら剱岳。またいつか会いに行きます。


さて、かかった時間は・・・

≪往路:6時間15分≫
 早月尾根登山口   5時50分
 早月小屋着     9時5分
 早月小屋発     9時40分
 剱岳山頂      12時5分

~休憩~  『1時間5分(笑)』  

≪復路:4時間20分≫
 剱岳山頂      13時10分
 早月小屋      15時
 早月尾根下山口   17時30分

合計11時間40分

 休憩時間がかなり長かったため、思った以上に時間がかかってしまいましたが、自転車部分を差し置いて、登山部分だけを抜き出してみればやはり前回よりも早く往復できています。
 
 登りの時間は大差ありませんが、下山の速さはストックによるところが大きいと思いますね。
 
 前回の帰り道では、下山開始早々に膝がボロボロのカクカクになっていましたが、今回は最後まで足取りはしっかりし、膝関節の痛みも一晩寝れば治るレベルのものでした。但し、当然のごとく全身筋肉痛にはなりますが・・・
 
 やはりストックの存在は、特に下山において有ると無しでは大違いですね。


それでは今回はこのへんで
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いや~日帰り剱岳登山、お疲れ様でした。
頂上の祠は、雷の損傷のため修繕中らしいです。

酸素が薄く気圧が低い高所では、固形燃料は厳しいですね。
ガスバーナー(コンロ)は、メーカー不問なら3000円程度で購入できますが、
長く使うなら「EPI」か「プリムス」などがお奨めです。

また次のチャレンジを楽しみにしています!

Re: タイトルなし

山賊様
ありがとうございます。
 二度目の日帰り登山。辛いながらも楽しい一日でした。
 やはり山頂の祠は修理中なのですね。それにしたって綺麗さっぱり見事に引き上げることが出来るものですね・・・どうやったのでしょう感心です。
 ただ、登頂しても看板が転がっているだけなのは少々さびしいですね。早く直ってきてほしいものです。
 山頂での固形燃料のお湯の沸かなさには少々焦ってしまいました。なるほど、火力以前に酸素や気圧の関係もあるんですね。とにかくあんなに遅いとどうしようもないので、以後は安くてもいいからコンロを持つことにします。ただもう秋なので、今年中に次が有るかは疑問ですが・・・
 それではまたよろしくお願いいたします。

山頂の珈琲

お疲れさまでした。
なるほど、固形燃料はパワーが足らかったのですか~ 確かに非常用のイメージがあるコンロですものね。
それでも、やはり山頂で温かい食事を作って食し 一杯のコーヒーは美味しいのでしょうね。
達成感が最高の味付けですね。

お疲れ様でした!!
もう足の痛みは癒えたんですって!!??
私は今日一日太ももが痛くて、悲鳴を上げながら歩いていましたよ!!
昨日はもう2度と行くか!って思っていましたが、不思議なもので今はまた行きたいなってね!!
というわけで次はどこ行きますか??もちろんご一緒してもらいますから(笑)

Re: 山頂の珈琲

雲助様
ありがとうございます。
 固形燃料、面白いアイデアだったと思うのですが、結果はイマイチ。もっとのんびりできるならばよかったのでしょうけれど、さすがに時間かかりすぎるのではねぇ・・・
 それでも、暖かいカップラーメンと山頂で飲むコーヒーは格別な物でした。余分に水を持参する必要があるのが重量的に厳しい所ですが、そのひと時はまるでCMの一コマのような風景ですね。

Re: タイトルなし

あらくに様
お疲れ様でした。膝の負担が少なかったために、膝の痛みが取れただけで、当然のごとく腕から太腿、ふくらはぎにかけて全身筋肉痛ですよ。
苦しい挑戦をした場合は、達成感の後にもう二度とやりたくないと、私もいつも思っていますが、実際は常に前回以上のハードな冒険に挑戦してみたくなります。
 この後もやりたいことや、行ってみたい場所はいろいろありますね。興味があったらおつきあいください。しかしこれからはどんどん季節が冬に向かいます。どちらかと言えばあらくにさん達のシーズンですね。何か私にも出来そうなのが有ればおつきあいしますよ~。

OKI

FC2ブログへようこそ!